1. TOP
  2. スキンケア
  3. 日焼けを治す方法はある?肌を回復させる5つの方法

日焼けを治す方法はある?肌を回復させる5つの方法

日焼けでダメージを受けてしまった肌は、一刻も早く回復させてあげたいものですね。

そのためには正しい方法で肌をケアしてあげることが何よりも近道です。でも実際のところ、日焼けしてしまった肌を治す方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、日焼けしてしまった肌のケア方法について紹介していきたいと思います。

日焼けした状態の肌は大きなダメージを受けている

肌が日焼けした状態になると、思っている以上にダメージを受けている場合が多いと考えられています。日焼けとは、やけどしている状態に等しいとも認識されるほどであるため、まずは迅速に応急処置をしてあげることが先決です。

日焼けが酷いと炎症やブツブツが出るだけに留まらず、水膨れが出来たり、皮がむけてしまったりすることもあるため、対処を誤らずに行うことが求められます。日焼けした後の肌を治す方法については、この後で詳しく見ていきたいと思います。

 

日焼けを改善する4つのセルフケア

日焼けした肌を元に戻す方法について、自分でできる4つのケア方法から見ていきたいと思います。日焼け前の状態に戻すためには効果的ですし、簡単な方法ばかりなので積極的に取り入れてみましょう。

 

日焼け後の定期的なスクラブ

洗顔

日焼けした後の肌は、定期的にスクラブしてあげましょう。スクラブとは洗顔で古い角質などを取り除くことをいいます。スクラブ専用のアイテムを使いながら、古い角質の除去を促進してあげましょう。角質を除去することで、新しい肌の細胞が生まれやすくなるため、日焼けでダメージを受けた部分が新たに生まれ変わります。

日焼けした後のスクラブで注意するべき点としては、日焼けした当日はスクラブを控えることです。日焼け直後は、肌がまだヒリヒリしていたり、痛みを伴ったりしているため、スクラブには適していないことが多いためです。

行う頻度は1週間に1度のペースで、時間をかけて肌を修復する気持ちを持つことがベターであると思います。スクラブと同時に、肌の保湿も必ず行い、肌が回復する動きを促すことがよいでしょう。

 

十分な睡眠時間を確保する

bed

日焼けでダメージを受けた肌は、ターンオーバーという作用によって修復されていくことはよく知られています。そのターンオーバーは、十分な睡眠時間を確保することで、機能が促進されます。

特に22時~翌2時まではこのターンオーバーが最も促進される時間帯であるため、この時間は睡眠をとる際に外さないようにするとベストですね。この時間帯は肌の回復以外にも、成長ホルモンが最も出やすくなったり、体力を最も効率的に回復したりする時間帯でもあるため、全身の健康にもメリットを与えてくれるとされています。

ターンオーバーという点からも、一番活発に進められる時間なので、この時間を中心に普段よりも多めに睡眠をとるようにすると良いのではないでしょうか。

 

サプリメントを服用する

サプリメント

日焼けから肌を回復させるために、サプリメントを飲むことも効果的であるとされています。特に、ビタミンA、C、Eの含まれているサプリメントは、肌の健康にはとても良いと考えられているため、このようなサプリメントを選んで飲むことが望ましいとされています。

飲む必要のある期間は個人差があるものの、半月から1か月程度飲み続けていくと、肌が炎症の無い状態に戻りやすくなるのではないでしょうか。最近は日焼け対策用のサプリメントも売られるようになり、日焼けを治しやすくなっています。見た目を気にする人には、特にこうした対処方法はオススメですね。

 

美白化粧水や乳液を使う

コスメ

肌の炎症が収束してからの対処方法になりますが、美白化粧水や乳液を使うと、日焼け前の状態に戻りやすくなると考えられています。特に、肌の色に関する面で日焼けした肌を治すことができるため、肌を白く戻したいと思っている人には最適な方法であると思います。

化粧水や乳液を使っているときに、肌がヒリヒリしたり、しみると感じたりする場合には、まだ炎症が残っている状態であり、使用を控えるべきです。炎症が治まってから、こうした方法で日焼けを治すようにしてみましょう。

また、ビタミンCが配合された化粧水や乳液も販売されています。このようなアイテムは、肌のメラニン色素を抑制してくれるメリットを備えているため、より効果的に肌を元の状態に戻せるのではないでしょうか。

 

日焼けが重度なら皮膚科医による診察を

疾患

セルフケアで日焼けを治せない場合には、皮膚科医を受診することが必要です。また、自分で日焼けした肌を治すことに自信がない場合にも、専門医を受診して、適切な判断を仰ぐようにしましょう。

重度な日焼けである場合には、治癒効果の高い塗り薬や飲み薬が処方されるため、確実に治療が展開されます。日焼けによって、肌がヒリヒリする場合などは、その状況も的確に医師に伝え、治療に臨むと改善も早くなるでしょう。

 

まとめ

日焼けダメージをを受けた肌を治すための方法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

日焼け直後の応急的な処置を施すことが前提になりますが、その後に治すためのケア方法をしっかり行うことで、肌が元の状態に戻りやすくなると考えられます。

セルフケアでできる日焼けを治す方法は、効果的なものが多いと思います。しかし、それだけで改善が見込めない場合には、皮膚科医などを受診して治療を受けることが、日焼け後の肌を修復させるには最も効果的であると言えるでしょう。

夏などの日差しが強い時期には、特に肌を治す方法を抑えておくと迅速に対処できると思います。

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!