1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 髪をサラサラにする方法はこれ!乾かし方で注意すべき6つのポイント

髪をサラサラにする方法はこれ!乾かし方で注意すべき6つのポイント

ドライヤー

髪をサラサラにするポイントのひとつが、ドライヤーなどによる乾かし方です。

ただ髪の毛を乾かす人、自然乾燥で乾かす人もいると思いますが、乾かし方によっては逆に髪を傷めてしまう可能性もあります。

髪の毛は「女の命」。誰もが憧れる「うるツヤのサラサラヘアー」になるためにも、一度髪の乾かし方を確認してみてください。

この記事では、髪をサラサラにする乾かし方についてご紹介します。

髪をサラサラにする乾かし方 6つのポイント

髪をサラサラにするポイント

髪の毛は濡れた状態だとキューティクルが開いたままなので、傷みやすい状態となっています。そして長い時間放置した状態ではまずます毛が傷んでしまいます。美髪を作るためにも、濡れた髪は出来るだけ早く乾かすように心がけましょう。

 

1.髪の水気を取る

最初はバスタオルなどで余分な水分を取りましょう。まず頭頂部を優しく押え込むように拭きます。次に目の粗いブラシを使って髪をとかし、水分を下に移動させます。水分を毛先に移動させたら、バスタオルで挟んで軽くたたくように水分を取ってください。髪の毛の水分を取ることでドライヤーをかける時間が短縮され、熱によるダメージも軽くすることができます。

 

2.ドライヤーは頭皮に近づけすぎないように

ドライヤーは頭皮から20センチ以上離した状態でかけましょう。頭皮に近付けると全体に熱風が行き渡らず、髪も集中的に熱が当たってしまい大きなダメージに繋がってしまいます。できるだけ頭皮から離した状態で乾かす事が大切です。

 

3.根元から乾かしていく

まず最初に頭頂部と前髪にドライヤーの熱風を当てて乾かしてください。髪の根元を乾かすことで、自然と毛先も乾いてきます。根元に風が当たりやすいように髪の毛をかきわけて乾かすようにしましょう。同じところを集中的に乾かさないように気を付けてください。

 

4.毛先に向かって乾かす

根元が乾いたら、根元から毛先に流れるように髪の毛を乾かしましょう。その時、中間部は手ぐしでとかしながら乾かすと髪の毛にツヤが出てきます。他にもクセを抑えて綺麗に髪の毛を乾かすこともできます。

 

5.冷風でキューティクルを閉じる

中間が乾いたらドライヤーを冷風に切り替え、熱で開いてしまったキューティクルを閉じましょう。また、髪の毛は冷やすことで形状されるのでヘアスタイルをキープことができます。

 

6.ブラッシングのタイミング

ブラシは完全に髪が乾いた状態でとかしましょう。ブラッシングには髪の流れを整える他に、髪の毛の水分を均等にする効果もあります。ですが、濡れた髪の場合は髪を傷めてしまう可能性が高いです。なので、必ず乾いた状態でとかすのが理想です。

 

洗い流さないトリートメントでもっとサラサラの髪に

洗い流さないトリートメント

出典: heartland-r1.tea-nifty.com

 

サラサラの髪をキープするには「乾かし方」が重要ですが、「洗い流さないトリートメント」を使うとさらに効果的です。

洗い流さないトリートメントの主な役割

  • 髪のダメージ補修
  • 髪の保湿
  • 外的ダメージから髪を保護

洗い流さないトリートメントは、髪のダメージ補修や保湿をしながら、ドライヤーの熱や紫外線といった外的ダメージから髪を保護する役割も合わせ持っています。

洗髪後、タオルドライをした濡れた髪に洗い流さないトリートメントをつけ、その後にドライヤーで乾かしていくのが一般的な使い方ですが、髪がさらにまとまりやすく、サラサラになるのでおすすめです。

 

まとめ

サラサラで綺麗な髪を維持するには、髪の毛を正しい方法で乾かす事が何よりも重要です。髪に艶がない、髪がゴワゴワするとお悩みの方は「髪の毛の乾かし方」を一度見直してみてください。

さらに髪の毛のダメージを少なくするためにも、洗い流さないトリートメントで日頃からヘアケアをするのも効果的です。今回ご紹介したポイントを参考にサラサラな美髪を目指しましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

ドライヤー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!