1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 頭皮のかゆみが治まらない…考えられる主な原因8つ

頭皮のかゆみが治まらない…考えられる主な原因8つ

頭皮かゆみ

頭皮がかゆくて辛い・・・そんな経験はありませんか?

「頭皮のかゆみ」は年代を問わず、多くの人が悩んでいる頭皮トラブルのひとつです。そして、その原因には現代人特有の意外なものまであることをご存知でしょうか。

この記事ではそんな頭皮のかゆみの主な原因8つについて、それぞれ詳しく紹介していきたいと思います。

原因1 洗髪方法やシャンプー

シャンプー

髪の洗い方やシャンプー自体に問題がある場合も、頭皮のかゆみが発生することがあります。洗髪の仕方に関しては様々なポイントがかゆみの原因になるので、3項目に分けて見ていきたいと思います。

 

洗い残しやすすぎ不足

洗髪方法で最もかゆみに直結しやすいのが洗い残しやすすぎの不足です。私たちが思っているよりも、髪や頭皮につけたシャンプーは残っている場合が多いです。そのため、すすぎ残しが出ないように、3分程度のすすぎをすることが推奨されています。

シャンプーが頭皮に残ると、頭皮の炎症が起こってかゆみの原因になりやすいので、洗髪時にはすすぎの時間に注意してみましょう。しっかりとシャンプーを洗い流すためには、少し長いと感じるくらい時間でちょうどいいくらいです。

 

シャンプーが頭皮に合わない

シャンプー自体が自分の頭皮に合わない場合も、頭皮のかゆみの原因となる場合があります。この原因の大半は、洗浄力や皮脂を落とす力の強いシャンプーを選ぶことで生じます。

頭皮から出る皮脂は、全て落としたいと考える人は多いと思いますが、洗浄力が強すぎると逆に頭皮の乾燥を起こしたり、皮脂が過剰分泌されたりと、頭皮環境を悪化させる原因になります。

一般に市販されている「高級アルコール系シャンプー」は洗浄力が強く頭皮を傷めやすいので、気になる人は頭皮にやさしいとされる「アミノ酸系シャンプー」を選ぶとよいでしょう。

 

熱めのお湯で髪を洗っている

熱めのお湯を好んで入浴している人は多いでしょう。しかし、あまり熱いお湯で洗髪すると、頭皮がやけどに近い状態になる可能性があります。40℃以上のお湯ではこの傾向になりがちです。

頭皮がやけどのような状態になると、洗髪して乾燥した後にかゆみが出やすくなります。頭皮の皮脂を溶かし、頭皮を清潔にする温度は38℃前後とされています。洗髪する前にシャワーの温度を意識してみるとよいでしょう。

 

原因2 頭皮疾患

病院

頭皮の疾患よって、かゆみの症状が出ることも多いようです。頭皮疾患の中でも代表的なものを3つ紹介しますので確認していきましょう。

 

アトピー性皮膚炎

アトピーの傾向のある人は、通常の人に比べて肌が弱い人が多いといわれています。頭皮も肌と同じ「皮膚」ですので、刺激をできるだけ与えないことが大切です。また、頭皮は皮脂腺が発達しており、細菌が繁殖しやすい部分でもあります。そのため、頭皮ケアをしっかりと行いましょう。

アトピーの人は、かゆみを抑えるためにステロイド剤を使うことも多いと思いますが、頭皮にはステロイド剤を吸収しやすい性質があり、「ステロイド皮膚炎」になりやすいとされています。ステロイドを使用していて、頭皮がかゆいという人は医師に相談してみるとよいでしょう。

情報参照元:スキンケア大学

 

頭皮湿疹

頭皮湿疹が原因で、かゆみの症状が出るケースも多いようです。皮脂分泌が少なく発生する乾燥型のものと、皮脂分泌が多くなり発生する脂漏型の二つのタイプに分かれます。

パラパラとフケが落ちる場合は乾燥型の湿疹が多く、頭皮のべたつきを感じる場合は脂漏型であることが多いです。脂漏型湿疹の場合は、マラセチアという菌が作用することが大半であるため、かゆみの症状が悪化しないうちに対処することが求められます。

 

ケジラミ症

ケジラミの寄生によって頭皮がかゆくなることも考えられます。特徴的なのは、非常に激しい頭のかゆみを伴う点があげられ、日常生活に支障が出る場合もあります。異常に頭皮がかゆいと感じる場合は、このケジラミ症も疑ってみるべきでしょう。

媒介経路は他人のバスタオルや寝具の使い回しが圧倒的に多いとされます。頻繁に発症することは考えにくいですが、ケジラミが原因で頭皮のかゆみが出ると厄介ですので、早めに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

原因3 ストレス

ストレス

現代社会では、ストレスを感じずに生活することはとても難しいですが、強いストレスを感じることでも、頭皮のかゆみが出やすくなるようです。ストレスを感じることで頭皮の皮脂が正常な量ではなくなり、乾燥や皮脂の過剰分泌でかゆみが出てきます。

頭皮が異常な状態に傾くと、細菌の繁殖も起こりやすくなり、フケも出やすくなります。そして、ストレスによるかゆみが慢性化すると、無意識のうちに頭皮を掻きむしる人が増加します。そのため、自分では意識していないうちに頭皮の状態が悪くなっていくと考えられます。

頭皮を掻くと炎症や傷が出来やすくなることから、さらにかゆみが強くなる悪循環に陥ります。完全にストレスのない生活を送ることは難しいですが、頭皮のかゆみを緩和するためにはストレス軽減も大切な要素といえるでしょう。

 

原因4 食生活の乱れ

ファーストフード

食生活が乱れがちな人も、頭皮のかゆみが発生しやすい体質になってしまいます。特に亜鉛やビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどが不足すると頭皮のかゆみが起こりやすくなるため、外食が多い人やファーストフードを好んで食べる人は注意が必要です。

また、辛いものなどの刺激の強い食べ物は頭皮の新陳代謝が悪くなったり、頭皮が固くなったりする傾向があるので、できれば過度な摂取は控えたいところです。

普段の食事でバランスよく栄養を摂取することは、頭皮環境を良好に保つことにつながります。食生活が乱れがちな人は、食事メニューを見直すことが大切です。

 

原因5 睡眠不足

睡眠不足

睡眠不足が続く状態も、頭皮のかゆみは起こりやすくなります。

全身の細胞や器官と同じように、頭皮も睡眠中にリセットされ、環境が正常に保たれているのです。そのため、睡眠不足が慢性化すると、頭皮の環境が正常に維持できなくなり、頭皮の分泌も適切ではなくなってしまいます。

一般的には1日7時間前後の睡眠時間が適しているとされていますが、現代では7時間に満たない睡眠時間の人が多いといわれています。全身の休息にも繋がるため、睡眠時間を十分に確保しながら頭皮を正常に維持することも実践してみましょう。

 

原因6 体質・アレルギー

アレルギー

人それぞれ、体質の違いは多少なりともあるはずです。その体質によって頭皮のかゆみが出てくることもあるため、その可能性も探っておく必要があるのかも知れません。

 

環境に関するアレルギー

現代社会では、ハウスダストやダニなどの菌が原因となったり、洗濯時に使用する柔軟剤が合っていなかったりするとかゆみが出やすくなります。

使った柔軟剤と枕などについた汗との化学反応で、頭皮の炎症やかゆみの出ることがよくあげられる例です。特定の原因で発生すると断定することは難しいため、医師による治療を受けながら原因を取り除くことが非常に大事になります。

 

食物に関するアレルギー

特定の食品に対してアレルギー反応が起こり、そこから頭皮のかゆみが出ることはしばしば報告される例です。乳製品や卵、そばなどは食物アレルギーを起こすものの代表例になっており、頭皮のかゆみを含めて様々な症状が出るため注意が必要だと考えられます。

突然アレルギーが起こり、それに付随して頭皮が異常にかゆくなることもあるので、原因となる食べ物の特定は欠かせません。

 

原因7 気候的な要因

気候

頭皮のかゆみが、気候的なものから来ることは、よくあることとして知られています。どのような気候の状態や条件になると、頭皮のかゆみが起こりやすくなるのでしょうか。

 

気温が低い時期

意外に感じられるかもしれませんが、気温の低い時期は頭皮のかゆみが起こりやすい傾向があります。一般的には夏の暑い時期にかゆみが酷くなりそうですが、実は寒い時期の方が注意が必要なのです。

理由としては、寒い時期は、通常毛髪に行き渡るはずの皮脂が凝固して、頭皮に広がりやすくなることがあげられます。およそ15℃前後を下回ると、皮脂の凝固が始まるため、肌寒いと感じる季節から皮脂が固まり頭皮に広がってしまうのです。

頭皮に広がった皮脂は変性して、酸化してしまいます。酸化した皮脂は頭皮の炎症の原因となりやすく、やがては頭皮のかゆみ悪化に繋がっていきます。秋口から冬、初春にかけての季節は注意が必要でしょう。

 

乾燥した環境

乾燥している環境下では、頭皮のかゆみが強くなりがちです。通常の皮膚と同様に、カサカサな状態になると些細な刺激でもかゆみが酷くなります。これは経験したことのある人も多いのではないでしょうか。

湿度の低い環境では、頭皮が健康な人でも頭皮のかゆみを感じるケースがあるので、当然のことながら体質的に頭皮が乾燥しやすい人は、よりかゆみを感じてしまいます。ここでも頭皮を健康に保つことが一番の対処法といえます。

 

原因8 頭皮の傷・炎症

頭皮かゆみ

頭皮は些細な刺激で炎症をひき起こし、知らないうちに傷ができてしまうことがあります。頭皮に傷ができると、そこから雑菌やばい菌が入り込むため、かゆみの原因になります。

人によっては頭皮を少し掻いただけでも炎症が起きてしまうものです。髪を洗うときに力を入れ過ぎる傾向にある人は、気づかないうちに頭皮を傷つけてしまっていることも十分に考えられます。

正しい洗髪方法を身につけることも頭皮に傷をつけないための予防策になります。正しいシャンプーの仕方は下記の記事で詳しく紹介していますのでご参照ください。

抜け毛の原因はシャンプーにあるかも!抜け毛を激減させる洗髪方法5つの手順

 

まとめ

つらい頭皮のかゆみ、その原因を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。頭皮環境以外にも生活習慣もかゆみの原因となることで驚かれた人も多いのではないでしょうか。

頭皮のかゆみの原因に関しては、色々な要素が想定されます。頭皮を清潔に保つことはもちろんですが、普段の食事や睡眠時間などにも気を付け、規則正しい生活を送ることも大切です。

それでもかゆみが治まらない場合は、皮膚の疾患が原因となっているケースもあるので、医師の診察を受けることも選択肢に入れることが望ましいでしょう。

慢性的に頭皮のかゆみが続いたり、急に頭皮がかゆくて辛くなってきたりするなど、人によって症状の出方は異なります。それぞれの状態に合わせて、適切に対処していくことを心掛けましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

頭皮かゆみ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!