1. TOP
  2. しわ
  3. 紫外線対策はいつからいつまで?5月からじゃもう遅いかも!

紫外線対策はいつからいつまで?5月からじゃもう遅いかも!

紫外線対策

紫外線対策はいつから始めていますか?

肌の衰えは年齢よりも紫外線の影響が大きいそうですから、若々しい肌をキープしたい女性にとって紫外線対策は欠かせませんよね。

紫外線は夏だけじゃなく冬場も降り注いでいるので、一年を通して紫外線対策をするのが一番なのですが、できれば必要最小限のUVケアに留めておきたいという人が多いのではないでしょうか。

そこで年間の紫外線量を確認した上で、いつからいつまで紫外線対策が必要なのか、また紫外線が特に強い時間帯、雨の日の紫外線量なども合わせてお伝えしていきます。

紫外線対策は4~9月を目安に 

 紫外線対策 月

出典:気象庁

上の図は気象庁のホームページで公開されているUVインデックス(紫外線の強さ)のグラフになります。東京都の数値になりますが、これを見ると5月から8月にかけて紫外線量が多いのが分かりますね。

実際の紫外線対策をする目安としては、紫外線量が比較的多い4月から9月というのが一般的です。

もちろん地域によって紫外線量は違うので一概には言えませんが、「紫外線対策をするのはいつからいつまで?」と考えたときは「4月から9月」というのがひとつの目安になると思います。

 

UVAとUVBで紫外線対策が変わる?

紫外線対策はいつからいつまですればいいかと考えたとき、忘れてはいけないのが「UVB」と「UVA」の違いについてです。

地上に降り注ぐ紫外線は「UVB」と「UVA」の2種類あり、それぞれ紫外線量のピークや性質が違います。まずはこの2種類の紫外線の違いをみてみましょう。

 

日焼けや炎症の原因になる「UVB」

長時間日差しを浴びると肌が赤くなったり水膨れができます。このように肌が赤くなる日焼けの原因になるのがUVB(紫外線B波)です。真皮の浅い層までしか届きませんが、皮膚への影響が大きく、日焼け以外では皮膚ガンやシミの原因になるといわれています。

UVBの特徴

  • 地上へ届く紫外線の約5%
  • ピークは6月~8月
  • 波長が短く、肌の表面までしか届かない
  • 強いエネルギーで、火傷のような影響を与える
  • 日焼けや炎症、しみ・そばかすの原因になる

 

シワたるみの原因になる「UVA」

肌に対して急激な変化を与えませんが、肌の奥まで到達するため、シミ、シワ、たるみなど、肌の老化の原因となってしまうのがUVA(紫外線A波)です。一年を通して変動が少なく、雲や窓ガラスを通り抜けやすい性質があるので、年間を通して紫外線対策が望ましいとされています。

UVAの特徴

  • 地上へ届く紫外線の約95%
  • 一年を通して降り注いでいる
  • ピークは4月~8月
  • 波長が長く、肌の奥(真皮)まで届く
  • コラーゲンやヒアルロン酸などを作る細胞に影響を与える
  • ハリや弾力を失い、シミ、シワ、たるみの原因になる

 

UVA対策は一年中注意が必要

UVA UVB対策

出典:http://www.nihon-loreal.jp/

 

日焼けや炎症の原因になるUVBと違い、シワ、たるみなど肌の老化を促すUVAは年間を通して紫外線量が多いのが特徴です。UVAのピークは4月から8月ですが、冬場でもピーク時の50%以上であるため一年を通して紫外線対策が必要になります。

UVAのエネルギーは弱いものの、長い時間をかけてじわりじわりと肌に様々な悪影響を及ぼします。若々しい肌をキープしたい女性にとってUVAは大敵です。寒い冬場は外出する時間が減る人が多いと思いますが、冬場でも日差しにさらされる時間が多い人はしっかり紫外線対策をしましょう。

 

紫外線量が多い時間帯は?

1日を通してどの時間帯に紫外線量が多いのか、気象庁のホームページで公開されているグラフで確認してみました。

紫外線対策 時間

出典:気象庁

これを見ると午前10時から午後2時頃の紫外線量が多いのがわかりますね。実際に計算してみると、この4時間の間は1日に降り注ぐ紫外線量の約70%を占めていることになります。

このように午前10時~午後2時の間は紫外線対策は必須です。この時間帯に外出するときは、しっかりと紫外線対策を行いましょう。できれば外出はこの時間帯を避けるように心掛けたいところですね。

また、ウォーキングなどの運動やガーデニングなどの庭仕事も、比較的紫外線量の少ない朝晩に行うようにしましょう。これだけでも効果的な紫外線対策といえそうです。

 

曇りの日、雨の日の紫外線量はどのくらい?

雨の日 紫外線

日差しを感じない曇りの日や雨の日でも、紫外線は。では晴れの日の紫外線量と比較してどのくらい違うのかご存知でしょうか。

雨の日には紫外線が全くないと思っている方も多いようですが、薄曇りの日でも紫外線は晴れの時の60-80%大雨の日でさえも30%もあります。

曇りの日や雨の日でも思った以上に紫外線量が多いですよね。曇りの日に至っては晴れた日の紫外線量と同じくらいの感覚でいいと思います。

曇りだから、雨だからといって紫外線対策を疎かにすると後々後悔することになるかも知れません。特に4~9月の紫外線量が多い時期は、曇りの日、雨の日でも油断せずに紫外線対策をしましょう。

情報参照元:http://www.skincare-univ.com

 

まとめ

紫外線対策はいつから始めればいいのか、またいつまで対策すればいいのかを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

  • 紫外線対策は4月から9月を目安
  • UVA対策は一年を通して必要
  • 外線量が多い時間帯は午前10時から午後2時
  • 曇りの日、雨の日も油断しない

まとめるとこのようになります。

若々しい肌を保つためには紫外線対策は欠かせません。紫外線の強い時期や時間帯は常に頭に入れておきましょう。

この記事では東京の紫外線量を紹介しましたが、九州や沖縄はさらに紫外線量が多くなります。気象庁ホームページでは日本各地の紫外線量を紹介していますので、気になる人はお住まいの地域を確認してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

紫外線対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!