1. TOP
  2. しわ
  3. 目から入る紫外線で肌が黒くなるのはなぜ?原因と対策まとめ

目から入る紫外線で肌が黒くなるのはなぜ?原因と対策まとめ

目の紫外線対策

紫外線というと、日焼けのイメージから肌にばかり気を使いがちになります。ですが、紫外線は肌だけでなく、目からも入ってきて私たちの肌にダメージを与えてしまうことはご存知でしょうか?

目からの紫外線で肌が黒くなったりするなんて、ちょっと不思議な感じがしますよね。

この記事では、目から入る紫外線が肌に与える影響、目の紫外線対策についてまとめてご紹介したいと思います。

目から入る紫外線で肌が黒くなる理由

紫外線対策でシミの原因を抑制

そもそも目から入り込んだ紫外線がなぜ肌の日焼けに関係してくるんでしょうか。それは人間の体にもともと備わっている、目を守るための防御反応が深く関係しています。

目は紫外線を浴びると眼球の表面にある角膜に炎症が起きてしまいます。角膜の炎症を感じ取った脳下垂体がその炎症に対する防御反応を起こして、メラノサイトがメラニン色素をたくさん生成してしまいます。肌を直接焼いたわけでもないのに肌が黒くなってしまうのはこのためです。

つまり、肌を白く保ちたい人、紫外線による肌の老化を防ぎたい人は、目から入る紫外線もしっかり対策する必要があるということです。

 

紫外線は眼病や目の老化の原因にも

目

紫外線は肌の日焼けだけでなく、もちろん目自体にも影響を及ぼします。目は他の臓器とは違って外部にさらされている分ダメージを受けやすい部位でもあります。

先にも挙げたように、紫外線が入り込むことで角膜は炎症を起こしてしまいますし、そうした目へのダメージが蓄積されていくことで、眼病の発生の原因になったり目の老化を促進させることになるのです。

 

知っておきたい日差し以外の紫外線

パソコン

紫外線=日光というイメージが大きいですが、私たちが普段過ごしている家の中にも紫外線は存在しています。微量ではありますが、蛍光灯やパソコンから発せらる光にも紫外線が含まれています。

ですが、身の回りの物から発せられる紫外線はあくまで微量なため、サングラスなどで紫外線対策しなくても大丈夫だというのが専門家の見解のようです。

 

目から入る紫外線対策

目の紫外線対策

サングラスをかける

目から入る紫外線に対して最も効果的なのはUVカット率が高く、色が薄めのサングラスをかけることです。色の濃いサングラスは紫外線を防ぎそうなイメージがありますが、実際は瞳孔が開くため、むしろ紫外線が多く入ってきます。

 

帽子をかぶる

帽子は目に入る紫外線を30%ほど防いでくれるといわれています。地味ですが、顔、髪、首筋なども保護できるので、総合的な紫外線対策としておすすめです。

 

日傘をさす

帽子より広範囲のケアができるので、目はもちろん全身の紫外線対策におすすめです。白よりも黒っぽい日傘の方が効果的といわれています。

 

日陰を意識する

基本的な事ですが、日なたに比べて50%近い紫外線を防いでくれます。

 

目のケアを忘れずに

やむなく強い日差しを浴びたり、目を酷使してしまった後には、目を冷やしたり、目薬をさすなどのケアをしましょう。

 

まとめ

日差しの強い・弱いに関係なく、紫外線は一年通して浴びています。紫外線は肌だけでなく目からも入り込み、日焼けの原因になっていまいます。

日焼けやシミなどの対策は、肌に日焼け止めを塗るだけでなく、目の保護にも気を配るようにしましょう。常日頃から紫外線対策を万全にして外出するように心掛け、シミ・ソバカスのない綺麗な肌を目指しましょうね。

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

目の紫外線対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!