1. TOP
  2. しわ
  3. このシミ、加齢が原因じゃなかったの!?本当に怖~い光老化の対策法

このシミ、加齢が原因じゃなかったの!?本当に怖~い光老化の対策法

光老化

あまり馴染みのない言葉「光老化」って聞いた事ありますか?

知らないと損してしまう、ものすごく恐ろしい老化現象の事なんです。

年齢を重ねれば重ねる程、自然にシミ・しわ・たるみなどの老化現象が現れると思っていませんか?

「もう若くないから仕方ないの」なんて考え、ちょっとだけ間違えているんです。気になり始めたシミ・しわ・たるみ、実はその原因は加齢による自然老化だけでなく、約8割が「光老化」によるものなんだそうです!

今回はこの「光老化」についてお伝えしたいと思います。

そもそも光老化って何?

悩み

「光老化」とは簡単に説明すると「紫外線が原因で肌が老化したり、その老化を進行させる事」を言います。

紫外線がシミの原因になる事は、今や誰もが知っている事実ですが、しわやたるみの原因にもなるとは初耳な方も多いのでは?

例えば自分の体のパーツの中でも、よく日光に当たる顔や首のお肌と、普段あまり露出しないお尻や太ももの肌を比べてみて下さい。普段から日光に当たっていないお尻や太ももの方がキレイなのではないでしょうか…?

日光=紫外線からお肌を守ってあげる事で、老化の進行を防ぐ事ができるのです。

 

紫外線が関わる「光老化」の種類って?

紫外線対策でシミの原因を抑制

紫外線を浴びる事で老化現象が早まる事は分かったけれど、具体的にはどんな老化現象の種類があるのかもお伝えしたいと思います。

 

紫外線(UV-A)が将来のシミや深いしわの原因に

紫外線にはUV-AとUV-Bと二種類あり、どちらも肌にとっては悪影響を与えるものです。
その中でもUV-Aは私たちの生活範囲に届く紫外線のうち約95%を占めていて、さらには肌の奥深くまで届き、少しずつ時間をかけ肌に影響を及ぼします。

例えばコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す大切な細胞に傷を与えて、深いしわやたるみの原因になります。そしてメラニン色素が生成され蓄積された結果、シミの原因にもなるのです。

 

紫外線(UV-B)が皮膚がんやシミ・そばかすの原因に

日光を浴びて日に焼けたり肌が赤くなったりするのは、このUV-Bによるもの。なにより怖いのが、シミ・そばかすだけでなく、皮膚がんの原因にもなるんだとか。

それはUV-Aの持つ強いエネルギーを浴びる事で表皮の細胞を傷つけるからなのです。

 

紫外線量の多い季節はいつごろ

UV-Aは4月~8月となっており、春から夏にかけてがピークですが、秋〜冬もかなりの量があるので一年中の対策がおすすめです。UV-Bに関しても4月~8月がピークで他の月は比較的少なくなっているようです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

このように季節に応じて紫外線の量は違うものの、「光老化」に深く関わるUV-Aに関しては通年降り注いでいるものなので、外出をするなら必ず紫外線対策をする習慣をつけてしまう事がシミ・シワ知らずの美肌につながるかと思います。

過去、そして現在の生活の中で無防備に紫外線(UV-A・UV-B)を浴びる事が深刻な、しみ・そばかす・しわ・たるみや皮膚がんの原因になり得るのです。

 

「光老化」につながる紫外線の対策方法は!?

sigaisen

一年中浴びている紫外線が「光老化」に繋がるとても怖いモノ。その紫外線の有効な対策方法ってどんなものがあるのでしょうか?

 

たった5分の外出でもしっかり対策

例えばベランダやお庭に洗濯物を干すだけの外出でも、紫外線対策は必要かと思います。
無防備な顔や首のお肌を守る為に大きめの帽子を被ったり、つけ心地がさらっとした日焼け止めや、スキンケアとセットで使用できる日焼け止め乳液などの優秀アイテムを利用するのもありですよね。

 

バックの中に紫外線対策グッズを

お出かけ先でいつでも紫外線対策が出来るように、バッグの中に対策グッズを忍ばせておきましょう。露出した肌の紫外線対策の為にいつでも使用できるよう、からだ用の日焼け止めクリームはもちろん、アームカバーやカーディガン、折りたたみ傘などファッションの一部としても楽しめるアイテムも様々あります。顔用の日焼け止めには、液体タイプの他にもメイクの上から使用出来るパウダータイプなどもあるので、上手に使い分けてみて下さい。

最近では体内から紫外線対策ができる「飲む日焼け止め」が人気です。ご興味があれば下記の記事も合わせてお読みください。

 

日焼け止めの種類を正しく知る

日焼け止め

日焼け止めの中でも、からだ用・顔用や、スプレー・液体・パウダー・シートタイプなど様々な種類がありますが、これらは使用用途や使い心地の好みで選んでOK。重要視して欲しいのがSPFとPAの数値です。

 

SPFとは?

UV-Bから肌を守ってくれる数値の事で、1SPFで20分間UV-Bを防いでくれるという数値です。という事は、6時間の外出なら18SPFは必要になってくるという事です。

 

PAとは?

UV-Aを防ぐ数値で、PA+からPA++++まで4段階あり、+の数が多ければ多いほど肌をUV-Aから守ってくれます。「光老化」に大きく作用する紫外線はUV-Aが大半を占めているので、できれば最高ランクのPA++++の日焼け止めを使用したいところですね。

 

まとめ

「光老化」の概要と対策法をお伝えしましたが、分かっていたつもりで実は知らなかった事も多かったのではないでしょうか?

筆者である私自身も、この記事を書きながら使用している日焼け止めをチェックしてみました。化粧下地にも使える「顔用」のもので「SPF50/PA++++」=約16時間もUV-Bから守ってくれて、さらにはUV-A対策も最強レベル!という日焼け止めクリームを日頃使用している事実にほっと一安心したところでした。ただ、からだ用の日焼け止めは低いスペックのものを使用していたようです。これを期に買い替えようかなと思いました。

美肌の為の紫外線対策とは、日々のちょっとした努力の積み重ねが必要だという事を痛感しますよね。ストレスなく「光老化」を防止する為に、紫外線対策を習慣にして「シミなし、しわ知らずの色白美肌」を目指しましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

光老化

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!