1. TOP
  2. しわ
  3. プラセンタ注射の効果とその費用とは?上手な使い分け方も解説

プラセンタ注射の効果とその費用とは?上手な使い分け方も解説

プラセンタ注射

プラセンタ注射に興味があるけれども、どんな効果があるのかイマイチ分かっていない。という方は多いのではないでしょうか?

なんとなく美容効果が高いという事は知っているけれど、費用って一体どれくらいかかるの?といったプラセンタ注射に関する、様々な疑問を解決していこうと思います。

プラセンタ注射とは?

プラセンタ注射とは、厚生労働省で「医薬品」として認可されている注射薬の事です。日本国内の正常分娩で産まれた人の胎盤のみを使用し、原料としたプラセンタです。感染性の高い病気が無い事を確認した上で胎盤を使用しますし、その後は滅菌し、無菌・動物試験が行われますので、高い安全性が確保されています。

医療用プラセンタ注射は、慢性肝疾患の治療や更年期障害などの治療の為に使われ、その場合は保険適用が認められています。ただ美容目的などのプラセンタ注射は保険適用外になってしまい、自由診療という形になります。

 

国内で認められているプラセンタ注射は2種類

厚生労働省で認められているものは、”メルスモン”と”ラエンネック”の2つのみです。この2種類のプラセンタ注射、使い分けをした方がいいのでしょうか?

この2種類の大きな違いは、製造過程が違う事とプラセンタ成分の濃度に差が出てくる所が特徴です。

ラエンネックは肝臓の病気の治療薬として認可されている医療品です。人間の胎盤から「分子文画法」といった、比較的新しい方法で抽出されます。有害物質のみをフィルターで取り出してくれるので、濃度の高いプラセンタです。

メルスモンは更年期障害の治療薬として認可されている医療品です。こちらも同じく人間の胎盤から「塩酸分解法」という抽出法でプラセンタエキスを抽出するのですが、有効成分もある程度壊してしまう事と、少量の発がん性物質を生成する可能性がある事がデメリットとしてあげられます。

 

注射方法は何種類?

上記のプラセンタ注射ですが、厚生労働省から認可されている注射方法は、皮下注射筋肉注射の2つの方法のみです。カクテル注射や静脈注射は、厚生労働省で認可されている方法ではありません。

認可されていない方法での注射は、血液低下やショック状態などの異常症状が現れるケースも報告されているので、安全性を考えたときには注意が必要になってきます。

筋肉注射と皮下注射の2種類が認可されているものですが、皮下注射は一度に打てるプラセンタの量が少なくなります。そして皮膚の一番浅い部分に打つのでゆっくり、じわじわと成分が体の中に渡っていきます。皮下注射よりもさらに深いところに注射できるのが筋肉注射ですが、個人差があるもののかなりの痛みを伴うものです。

 

プラセンタ注射の効果は?どれくらい持続する?

プラセンタ注射が医療品という事は分かったけれど、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?

 

主な美容効果

肌の基礎代謝を向上してくれるので、様々な美容・美肌効果があります。

例えば、皮膚の再生サイクルが早くなる事で肌の透明感が上がり、美白効果が期待できます。他にも、かんぱん(肝斑)が出来ている箇所に局所注射する事で、シミ治療にもなると言われています。コラーゲンを生成する事でみずみずしさを保ってくれる保湿効果があり、シワやたるみにも効果的です。

 

更年期障害や生理不順にも効果的

エストロゲンの分泌量が減少する事でホルモンバランスが崩れ、それによって起きてしまう更年期障害や生理不順。プラセンタ注射はエストロゲンの血中濃度を高める事でホルモンバランスを整えてくれる効果がありますので、この更年期障害や生理不順にかなり効果的だと言われています。医療機関での更年期障害の治療の際は、メルスモン注射の皮下注射が多く用いられているようです。

 

人によって様々な効果が期待できる

プラセンタの成分にはグロスファクターと呼ばれる成長因子があり、これがとても万能な成分なのです。主に、細胞の新陳代謝をうながす効果が期待できます。さらにはアミノ酸やビタミン類や酵素などが含まれているので、体内の細胞をつくる手助けもしてくれます。

プラセンタによって得られる効果が人によって違うと言われているのは、この成長因子が人体の不調な部分を修復しようと細胞に働きかけるからだそうです。誰にでもあてはまる効果でいうと、疲労回復や「朝早くに起きられるようになった」という声が多くあがっています。

プラセンタで期待できる効果は、下記の記事で詳しく紹介しています。

持続期間と頻度について

一回のプラセンタ注射でだいたい2~3日程度は効果が持続すると言われています。これは個人差があるかと思いますが、定期的にプラセンタ注射を続ける事で効果が持続する期間も長くなると言われています。一週間に一度、なるべく長い期間、定期的にプラセンタ注射を行う事でしっかりとした効果が実感できそうです。

 

プラセンタ注射の費用は?

費用

美容効果が高く、健康維持も期待出来るプラセンタ注射、その気になる費用はどれくらいなのでしょうか?

 

保険治療と自費治療

美容目的でプラセンタ注射を受けると、自由診療になるので自費での治療になります。よって、クリニックによって費用に大きく差が出てしまいます。一回あたり約1000円~9000円とかなり大幅に差があります。

1アンプルの相場が約1000円~3000円といわれていて、一回の注射につき2~3アンプル使用するので料金に大きく差が出るようです。

肝機能障害や更年期障害の場合は保険治療になり、健康保険が適用されるので一回約500円~900円程の負担になります。

 

まとめ

以上、プラセンタ注射の効果とその費用についてお伝えしました。

プラセンタ注射は保険の適用が認可されてから45年と、実はかなり長い期間使用されてきたとても安全性の高い医療品です。正しい使い方をすれば、美容効果だけでなく健康維持や疲労回復などの効果も多く期待出来るものなのです。

最低でも3ヶ月以上継続する事でより効果が発揮されるものと言われていますので、行きやすく、長く通えるクリニックや病院を探す事がプラセンタ注射を継続するコツかもしれませんね。

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

プラセンタ注射

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!