1. TOP
  2. しわ
  3. 馬プラセンタと豚プラセンタどっちがいいの?効果の違いは?

馬プラセンタと豚プラセンタどっちがいいの?効果の違いは?

レーザー脱毛器の選び方

美肌に欠かせない美容成分プラセンタ。

その中でも馬プラセンタと豚プラセンタがあり、正直どちらを選べばいいのか分からない…と悩まれている方も中にはいるのではないでしょうか?

今回は馬プラセンタと豚プラセンタの違いを”効果”と”価格”という面から詳しくお伝えしていきます。

馬プラセンタと豚プラセンタの違いは?

馬

プラセンタの歴史はかなり古く、西洋では紀元前から使われていたようです。日本ではもともと牛プラセンタからはじまったようですが、狂牛病などのリスクから牛プラセンタが廃止になり、豚や馬の胎盤から抽出したエキスのプラセンタが出回るようになりました。

 

気になる安全性は?

サプリメントやドリンクなど市販のものに含まれるプラセンタですが、その安全性に問題はないのでしょうか?

豚や馬の胎盤は、健康管理や衛生管理体制に問題がない農場から仕入れられ、各メーカーかなり厳しく検査しているようです。さらには、高温での滅菌処理や徹底された製造工程で安全なプラセンタが作られているので、馬・豚どちらも安全性が高いといえます。

豚の中ではSPF豚と呼ばれる豚は徹底して管理された環境で大切に育てられているので、特に安全性が高いと言われています。

馬の中では国産サラブレッドのプラセンタが、血統登録と徹底した管理下で健康管理を行っているので、安全性が確かで信頼の高いプラセンタになります。

 

希少性が高いのは馬プラセンタ

希少性の面から見ると馬よりも豚の方が多く市場で出回っています。馬プラセンタの方が希少性が高いのはなぜなのでしょうか?

その理由は、馬が一年に一頭しか出産せず、豚は一年に2回も出産する上に、一度に10~12頭も出産するからだと言われています。1年間で入手出来る胎盤の量が大きく違うところから、馬の方が希少性と高いとされているんですね。

 

価格がお手頃な豚プラセンタ

希少性と比例しているのが価格。やはり市場に多く出回っている豚プラセンタの方がかなりお手頃な価格で入手出来ます。

馬・豚プラセンタどちらも、メーカーによって大きく差がありますが、1000円程から、上は1万円を超えるものまで様々あります。価格が高額なものほど、国産サラブレットやSPF豚プラセンタを使用しており、プラセンタエキスを多く配合している傾向にあるようです。平均すると、だいたい一日あたり100円前後でお試し出来るものが多く流出しているようです。

 

効果が高いのは馬プラセンタ?豚プラセンタ?

レーザー脱毛器の選び方

では、気になる効果に違いはあるのでしょうか?

プラセンタと言えばアンチエイジングや美白効果・保湿効果などの美容効果が高く、ホルモンバランスを整えてくれるので更年期障害やPMSの改善に効果があったり、疲労回復や肝機能障害の改善に使われたり…と、かなり万能な成分なのですが、馬と豚でその効果に大きく差が出るのか検証してみたいと思います。

 

アミノ酸の含有量が多い馬プラセンタ

馬・豚どちらにもグロースファクターと呼ばれる成長因子が含まれているので、アンチエイジング効果はかなり高く、大差がないと言えます。

そんな中、一番比較されているのがアミノ酸の含有量。実は豚よりも馬プラセンタの方が多くアミノ酸が含まれているんです。

さらには豚には含まれていない6種類のアミノ酸を含んでいるのが馬プラセンタ。アミノ酸はコラーゲンの原料となり、美肌や美白には欠かせない成分ですから、馬プラセンタの方が美容効果が高いといえますね。

 

原料に使用されているプラセンタの量に注目

プラセンタ業界で推奨されている一日の摂取量は「プラセンタエキス純末100mg」です。

プラセンタエキスの”純末”というところがかなりミソで、実は原料の呼び名によって濃度が違うのです。市場に出回っているプラセンタサプリやドリンクの表示は「純末・エキス・原末」などとなっていますが、濃度が一番濃いのは「純末」です。

ただし、現在は表示方法に関して明確な定義がないようで、メーカーによってバラバラとなっています。(純末と原末とエキス末はイコールで結ばれるという認識でほぼ間違いないようです)

>>【1日100円以下】純末200㎎の馬プラセンタサプリ 

 

遺伝子的距離と効果の関係

上記でアミノ酸の含有量や種類は馬プラセンタの方が多く効果が高いとお伝えしましたが、実は豚プラセンタにもメリットとなる点があるのです。

人間と遺伝子的に近いのは豚だと言われています。その理由は体重やサイズなどの観点で、馬よりも豚の方が人間に近いから、という事だそうです。プラセンタの分子の構造が、馬よりも豚の方が人間に近いため、吸収率が優れていると考えられているそうです。

 

まとめ

馬プラセンタと豚プラセンタの様々な違いについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

プラセンタサプリやドリンクは、多くのメーカーが商品を出していてどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。今回お伝えした内容で「高額だから良い商品」という訳ではなく、含有量や品質に注目すると、大きく違いがあるという事がお分かり頂けたかと思います。

馬プラセンタも豚プラセンタも、しっかり探せば値段が手頃で品質の良いものが売られていますので、自分に合うプラセンタを是非試してみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

レーザー脱毛器の選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!