1. TOP
  2. しわ
  3. プラセンタとコラーゲンの違いを解説!その効果や摂取方法も

プラセンタとコラーゲンの違いを解説!その効果や摂取方法も

スキンケア

アンチエイジングに有効だといわれている美容成分プラセンタとコラーゲン。

どちらも美肌にとって嬉しい成分だという事は有名ですが、具体的にどんな効果があって、どのように違うのがご存知でしょうか?

サプリや化粧水などでとても普及しているプラセンタとコラーゲン、この2つの成分について、効果の違いや特徴を詳しく紹介していきます。

プラセンタとコラーゲンの違いについて

水素水の美肌効果

プラセンタの役割や効果

プラセンタとは胎盤のエキスの事で「回復」に関わる様々な効果があります。

プラセンタの中には多くの栄養素が含まれているので、得られる効果は人それぞれ違います。体の中の弱っているところから効いていくのが特徴的です。

その中でも期待される主な効果を紹介します。

プラセンタで期待できる効果

  • 更年期障害や生理痛の改善
  • シミ予防(チロシナーゼの抑制)
  • 疲労回復
  • アンチエイジング効果(保湿効果や血行促進)
  • 抗炎症作用(日焼けなどの炎症を抑える効果)
  • 活性酸素の除去(メラニン生成を抑える効果)
  • コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの生成
  • 美白効果(新陳代謝の促進でくすみがとれる)
  • 肝機能の改善

美容だけでなく健康にも効果を発揮するプラセンタですが、特徴的なのが「成長因子」と呼ばれる成分の働きです。この成長因子が新しい細胞を作り新陳代謝を高めてくれるので、様々な美容への効果が期待できます。

昨今は、プラセンタに含まれるFGFやEGFなどの成長因子の働きがアンチエイジングや美肌に大きな効果があると注目されています。

EGFは、肌の再生能力を引き上げ、表皮細胞を活性化してくれる成長因子の一種です。細胞が活性化されて、肌を蘇らせる作用が期待できるといわれています。

FGFは、繊維芽細胞に働きかけてくれる成長因子の一種です。コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成してくれるので、ハリや弾力・保湿に大きな役割をはたしています。

そしてこの成長因子は一緒に使用する事で相乗効果をもたらすと言われています。近頃は化粧水などのスキンケア化粧品の中に配合されているものを多く見かけますね。

 

コラーゲンの役割や効果

次にコラーゲンの役割と効果についてお伝えしていきます。

コラーゲンとはタンパク質の一種で、多数のアミノ酸が結合したものです。骨や関節、髪の毛や皮膚などの組織に含まれていて、その約40%が皮膚に含まれているといわれています。

コラーゲンの主な効果を紹介すると、特に肌への効果が大きく期待出来るようです。

コラーゲンで期待できる効果

  • 肌の保湿効果
  • 肌の弾力性が増える
  • 美白効果
  • 骨や関節の機能回復
  • 髪の毛や爪の強化

肌の表皮の下にある「真皮」の約70%をコラーゲンが占めていると言われているので、肌のハリや弾力を保つ為には欠かせない成分です。

コラーゲンは20歳を過ぎると急激に減り始め、40歳で約60%に減少すると言われています。コラーゲンが減少すると骨や関節などに機能障害が出始めて、爪が割れやすくなったり、枝毛や白髪が増える、などの影響が出ます。

さらには、皮膚の保水力と弾力性が低下し、それによりシワが増えてたるみの原因になります。

 

プラセンタとコラーゲンの違い

プラセンタとコラーゲンの違いを簡単に説明すると、

プラセンタ⇒肌の様々な機能を回復してくれる万能な成分

コラーゲン⇒肌に弾力性や保水性を作ってくれる成分

といえるのではないでしょうか。

加齢によるお肌の乾燥や弾力不足に悩んでいる方は、不足したコラーゲンを補う為にコラーゲン単体を摂取してもいいかもしれません。しかしコラーゲンは分子の大きいものは吸収されないといわれているので、サプリやドリンク選びの際はチェックが必要になってきます。

一方、プラセンタの成分の中には細胞を刺激してコラーゲンやヒアルロン酸を生成させる働きがあるので、コラーゲン不足に悩んでいる方はプラセンタを摂取する事が近道になる可能性もあります。

プラセンタが内側からしっかりアプローチしてくれる事を考えると、両方を摂取する事が一番効果的なのかもしれません。

>>1日100円以下で始める「馬プラセンタサプリ」

 

プラセンタとコラーゲンの効果的な摂取方法

サプリメント

プラセンタの摂取方法

体の内側から働きかけてもらう為には、サプリメントやドリンクなどの経口摂取が手軽です。一般的に、豚プラセンタよりも馬プラセンタの方がアミノ酸含有量が多いという理由で人気です。医療機関では、ヒトプラセンタを注射で摂取する事もできます。

化粧水などに含まれているプラセンタですが、主に肌表面のバリア機能や保湿機能を高めてくれるものが多いようです。その中でも、プラセンタの種類や濃度によって効果の出方が様々なようです。

 

コラーゲンの摂取方法

体の中のコラーゲンは一日1~4グラム分解されると言われています。よって、一日5グラム程のコラーゲンを摂取して、補うのがおすすめです。

プラセンタと同様でサプリメントでの摂取が手軽ですが、フカヒレや鶏肉、豚足などの食品から摂取する事も出来ます。

コラーゲンが配合されている化粧品も多くありますが、肌から直接コラーゲンが吸収される事はないと言われています。それは一般的なコラーゲンの分子量が大きいため、肌の角質層まで浸透しないから、という理由が多くあげられているからです。

しかし肌表面に高分子の膜をはり、水分を逃がさず保湿してくれる効果はあるようです。

 

まとめ

プラセンタとコラーゲンの違いについてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

コラーゲンは保湿効果に特化している美容成分で、プラセンタは様々な肌悩みをカバーしてくれる万能な美容成分だという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

最近はプラセンタやコラーゲンが配合されたサプリメントやドリンク、スキンケア化粧品など様々なアイテムが販売されているので、自分の肌状態や悩みに合わせてチョイスする事をおすすめします。

 

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

スキンケア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!