1. TOP
  2. しわ
  3. プラセンタサプリの上手な選び方を3つのポイントで解説!

プラセンタサプリの上手な選び方を3つのポイントで解説!

サプリ

美容と健康に良いと評判のプラセンタですが、サプリメントを選ぶ時のポイントはあるのでしょうか?

プラセンタサプリを購入するなら自分に合った上手な選び方をしたいですよね。

コスパの良さを重視する、高品質なものがいい、安全性が一番、など人によって選ぶ基準が違うかと思います。今回はプラセンタサプリの自分に合った上手な選び方を3つのポイントにまとめてお伝えしていこうと思います。

プラセンタサプリを種類で選ぶ

種類

医療機関で処方されるプラセンタは人の胎盤から抽出したエキスですが、健康食品として販売されているサプリに含まれているプラセンタは動物や植物由来のものです。

プラセンタサプリを上手に選ぶ為に、市販されているプラセンタのサプリメントにどんな種類があり、そのメリットとデメリットを知る事が1つのポイントになるかと思います。

 

豚プラセンタのメリットとデメリット

プラセンタサプリの中で最も多く出回っているのが豚プラセンタです。

一度の出産で10~12頭出産する事から、胎盤の絶対数も増えるので他のプラセンタに比べ、お手頃な価格で多く流出しています。

豚プラセンタのメリットとしては、プラセンタの特徴であるアミノ酸や成長因子がバランス良く含まれていて、価格が比較的安いという点です。

ただし、豚を成育する過程の中でワクチンなどを投与されることが多い為、胎盤であるプラセンタに不純物が混ざりやすいといわれています。混ざった不純物は、製造過程で除去されますが、同時に有効成分も一緒に失われてしまうという事がデメリットとしてあげられます。

不純物が混ざりにくいとされているのが、日本SPF協会によって定められた厳しい基準で生育されたSPF豚です。抗生物質を与えられない為、不純物が混ざりにくく、プラセンタの有効成分も失われないというブランド豚です。

 

馬プラセンタのメリットとデメリット

豚プラセンタの次に多く使われている馬プラセンタですが、一年に一頭しか出産しないため、大量生産する事ができないという理由で高価になってしまいます。

馬プラセンタのメリットは、豚と違い病気にかかりにくく、体温が高く寄生虫が住み着きにくい動物の為、薬剤からの不純物の影響が少なく安全性が高いと言われています。

さらに他のプラセンタと比べると、美肌に欠かせないアミノ酸が約300倍も多く含まれています。豚プラセンタにはないアミノ酸が6種類も存在しているところもメリットの一つです。

デメリットとしては、価格が高額なものが多いという点です。サラブレットのプラセンタともなるとその安全性や品質は確かなものですが、価格もさらに高額になります。

 

羊プラセンタのメリットとデメリット

日本ではあまり馴染みのない羊プラセンタですが、北欧やヨーロッパでは人気が高く、ニュージーランド産やスイス産のものが大半を占めていて、豚や馬プラセンタと同じような美容効果があります。

メリットとしては、アミノ酸の組成が人間のものと似ている為、人体に馴染みやすいという点です。特にシミやシワへの効果が期待できるといわれています。

デメリットとしては、日本では羊由来の原料は制限されている為、日本国産のものを利用する事ができないという点です。スクレイピーという羊の伝染病を懸念し、日本政府から制限がかけられています。

 

植物性プラセンタのメリットとデメリット

植物由来のプラセンタですがアロエやクロレラ、ライ麦やトウモロコシなどが原料となっています。しかし、厳密にはプラセンタではないと言われています。

原料になっている植物の「胎座」という部分を動物の胎盤の代わりとして使用し、プラセンタと呼ばれているそうです。

メリットとしては動物性プラセンタと同じで、豊富なアミノ酸やミネラル、ビタミンが含まれているので美肌効果を得られるという点です。さらに動物性プラセンタと違って病気や薬などの心配をする必要がないので、安全性は極めて高いといえます。

デメリットとしては、動物性プラセンタと違い成長因子が含まれていない為、細胞を活性化させる効果は期待できないという点です。

 

プラセンタサプリを抽出方法で選ぶ

抽出方法

プラセンタサプリの品質には、胎盤からエキスを抽出する方法がとても重要になってきます。どんなに安全性の高い動物の胎盤を使っていても、有効成分を壊してしまったり失ってしまう抽出方法では、得られる美容効果も少なくなってしまいます。

サプリを製造する課程で利用されている抽出法をいくつかピックアップしていますので、サプリ選びの際にチェックした上で購入することをおすすめします。

 

酸素分解法

低温処理をした後、酸素を用いて有効成分を壊す事なく抽出する方法。温度や圧力を必要としないので、有効成分をより多く残すことができます。

 

凍結融解法

凍結し解凍させる際に破壊した細胞から成分を抽出する方法。しかし有効成分も一緒に破壊させる可能性も高いため、品質の面では劣ります。

 

凍結酸素抽出法

上記の、酸素分解法と凍結融解法のメリットを合わせた抽出方法。有効成分を破壊する事なく抽出できる。高品質なエキスを抽出出来るので、高級サプリに多い抽出法です。

 

分子分画法

特殊なフィルターを用いて有効成分のみを抽出する方法。フィルターの精度によっても、品質が変わってくるが、高濃度の成分を抽出できます。

 

メーカー独自の抽出法

製造しているメーカーによっては抽出方法や技術を非公開にしているところも多くありますが、ナノ化技術を用いているところや、既存の抽出方法と独自の技術を掛け合わせた方法を利用しているところもあるようです。

 

プラセンタサプリをコスパの良さや価格で選ぶ

コスト

プラセンタは一定の期間続けて摂取する事でその効果を実感する事が出来ると言われています。およそ3ヶ月以上続ける事で「美容効果を体感した」という声も多いようなので、続けられる価格でサプリを選ぶ事も大切なポイントになってきます。

 

コスパの良さで選ぶ

高品質なものを低価格で購入する事が消費者にとっては一番です。納得できる価格と品質の良いサプリを見つける為には、プラセンタの含有量をチェックする必要があります。

サプリやカプセルに使用されるプラセンタは製造の際に薄めて作る事が出来るようです。

プラセンタエキスから水分を飛ばした固形物を「プラセンタエキス純末」と業界団体で決められている為、サプリ選びの際には参考にすると事をおすすめします。エキスや原末とは違うので要注意です。一日分に100mg以上のプラセンタエキス純末を含むサプリを選ぶと、プラセンタの効果を実感しやすいと思います。

 

お試しや定期便を利用してお得に続ける

プラセンタサプリも多く販売されはじめ、メーカー同士の価格競争が激しくなっています。初回限定で安くでお試しする事が出来たり、定期便にする事で定価よりも10%~30%ほどお得な価格で続ける事が出来るシステムを取り入れているメーカーも多くあります。

いくつか候補がある場合は、お試しで自分に合ったものを見つけるのもいいかもしれません。

 

まとめ

以上、プラセンタサプリの選び方を3つのポイントにまとめてお伝えしました。

わざわざ病院に行って摂取するプラセンタ注射と違い、気軽に始められるのがサプリメントのメリットですが、多くのメーカーから販売されていて選択するだけで大変かと思います。

今回お伝えしたポイントを参考にして、品質・効果・価格など納得出来るものを選ぶ事が、継続できるコツになってくるかと思います。

 

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

サプリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!