1. TOP
  2. たるみ
  3. 目の下のくまの原因は大きく分けて3種類!その原因と改善方法を詳しく解説

目の下のくまの原因は大きく分けて3種類!その原因と改善方法を詳しく解説

目元 くま

3人に1人という割合で、多くの女性が悩んでいる「目の下のくま」、その厄介な「くま」の原因は何なのでしょうか?

夜遅くまでの残業や、飲み過ぎ・夜更かしなどでしょうか?それともスマホ・PC画面の見過ぎからの目の疲れが原因なのでしょうか?はたまた老化現象なのか…?

この記事では、目の下のくまの原因とその改善方法をお伝えしていきます。

「くま」の原因は大きく分けて3種類

目の下のくま

女性を老けて見せてしまう目の下のくまですが、実はくまの色や特徴によってその原因や解消方法が違います。まず大きく分けて3つ種類がある「目の下のくま」の概要を紹介していきます。

 

血行が悪くなっている事が原因の「青くま」

目の下が青っぽくなる「青くま」は、寝不足や疲れによる血行不良によってくまができています。下まぶたを下にひっぱると薄くなるのがこのタイプです。また特に目の下の皮膚が薄い方などは「青くま」になりやすいようです。

 

皮膚のたるみでできた影が原因の「黒くま」

目の下に影ができて黒っぽく見える「黒くま」は、加齢や目元の筋肉が衰えてしまい、たるみができてしまう事が原因です。上を向いて薄くなるのがこのタイプです。涙袋が大きい方や顔がむくみやすい方は「黒くま」になりやすい傾向にあるようです。

 

色素沈着が原因の「茶くま」

「茶くま」は、紫外線によるシミ・くすみや、目をこすりすぎる事による色素沈着が原因のものです。まぶたを下にひっぱっても、上を向いても薄くならなかったくまはこのタイプです。メラニン色素が大きく関係してくるので「シミ」と同じケアが必要になってきます。

 

「青くま」と「黒くま」には自分で出来るセルフケア

上記にあげた3種類のうち、「青くま」と「黒くま」に関しては自宅でのセルフケア方法が多様にあります。

 

「青くま」のセルフケア方法

血行不良が原因になっている「青くま」には目の下のマッサージが有効なのですが、実は膝の下にも「青くま」に有効なツボがあるのです。

東洋医学でいう「肝経」の流れの停滞をなくし、「肝」の機能を向上させるマッサージ方法で、両手で足のふくらはぎを上下に流してあげるだけ。太衝(タイショウ) 肝経(カンケイ)というツボを押すセルフケア方法です。

[目の下マッサージ方法]

目の下の皮膚は非常に薄くデリケートな部分なので、必ず乾燥しにくいマッサージ用のクリームを使用して下さい。

目の内側から外側のこめかみまで円を描くように行って下さい。血行を良くするイメージを描きながら、目頭・下まぶた・こめかみと優しく流して下さい。

[膝下マッサージ方法]

握り拳をつくり、足の親指と人差し指の間を指圧して、足の甲~足首の方までゆっくり流してあげて下さい。それを3回繰り返し、次に足のくるぶし周辺からすねの上~膝下までをマッサージしていきます。この膝下マッサージと目の下のマッサージを両方行うと相乗効果で「青くま」の改善を促します。

 

もう一点のセルフケア方法はいたって簡単。質の良い睡眠の確保です。

血行不良を引き起こす原因は「疲労」や「睡眠不足」なので、目をしっかり休める為の睡眠が重要になってきます。お肌のゴールデンタイムの午後10時~午前2時にはしっかりと睡眠を取り、まとまった睡眠時間を確保出来ないという方は、自分に合った枕や清潔な寝具で良質な睡眠を確保して下さい。

 

「黒くま」のセルフケア方法

メイクではなかなか隠しにくい「黒くま」は上記でも述べたように「たるみ」が大きな要因となっています。そんな「黒くま」には表情筋を鍛えるトレーニングが効果的です。眼筋全体のトレーニングと、たるみがちな下まぶた部分のトレーニング方法を解説します。

[眼筋全体のトレーニング方法]

目を軽く閉じた後、ゆっくりとギューっと閉じていき5秒間キープ。その後、少しずつ目の力を抜いていき眉を上げて目を「パッ」と開きます。そして開いた状態を5秒間キープし、ゆっくりと力を抜き自然な状態に戻します。

[下まぶたのトレーニング方法]

口を「お」の状態にして鼻の下を伸ばし、そのまま目線を天井の方に上げて目の下を伸ばします。下まぶたの筋肉を引き上げるように意識して、まぶしい時の表情をつくり5秒間キープ。そしてゆっくりと自然な状態に戻します。

この2つのトレーニングは入浴中に行うと効果的で、頬のたるみも一緒に改善する一石二鳥なトレーニング方法です。

 

もう一点の解消法はコラーゲンやヒアルロン酸の摂取です。

たるみを改善する事が期待できる、コラーゲンの強化と加齢によって減少したヒアルロン酸の摂取。ヒアルロン酸配合のサプリメントなどはドラッグストアなどでも多く出回っているので、お試ししてみるのもいいかもしれません。「わざわざサプリメントは…」という方は食べ物からコラーゲンを摂取するのもおすすめです。低カロリーでコラーゲン量の多い食材は「鶏肉」や「魚類」など。

鳥の手羽先や軟骨、魚類だと皮ありのサケやアジの開きなど身近な食材で摂取する事ができます。

 

「茶くま」にはスキンケアやサロン・クリニックでのケア

フェイシャルエステ

できてしまった「茶くま」の解消方法は色素沈着が原因なので、美白ケアがメインとなってきます。

 

予防とスキンケア方法

まずは「茶くま」をこれ以上悪化させない為の予防が重要になってきます。紫外線を浴びると色素沈着につながり「茶くま」の原因になります。紫外線対策の徹底を意識して下さい。

そして次に美白ケアが出来るスキンケアが効果的です。茶くまとは、いわゆる「シミ」なのでビタミンC誘導体などの美白成分が多く含まれている基礎化粧品でお手入れをして下さい。

 

エステサロンやクリニックでのケア

美白専門のエステサロンでは自分では難しいフェイシャルマッサージなど交えながら、ケアを行ってくれます。古い角質を除去してくれ、肌のターンオーバーを促してくれるピーリングケアなどを行っているサロンもあるので、美の専門家にお任せするのも有効的です。

次にクリニックでのケアですが、深刻な「黒くま」にはレーザー治療などの方法があります。シミになった「メラニン」に反応するレーザーを照射し、改善していく治療方法です。ただし、レーザー治療といってもクリニックによって治療機材も方法も、かなり多く存在しているので慎重な選択が必要になってきます。

 

まとめ

以上、目の下のくまの原因と解消方法をお伝えしました。人によって違う原因で出来てしまう「くま」の撃退方法ですが、一番大切なのはくまを深刻化させない為の予防と対策なのではないでしょうか。

全ての「くま」に原因があると分かった今、正しい対策方法と解消法法で美しい目元を手に入れて下さいね。

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

目元 くま

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!