1. TOP
  2. スキンケア
  3. 肌ツヤをよくする食べ物は〇〇だった!「この差って何ですか?」で紹介

肌ツヤをよくする食べ物は〇〇だった!「この差って何ですか?」で紹介

エイジングケア

テレビ番組「この差って何ですか?」で、肌ツヤのいい人と悪い人の違いや、肌ツヤをよくするおすすめの食べ物について紹介されました。

肌ツヤのよくない人は、肌がくすみがちに見えますし、実年齢より老けて見られがちです。

でも、ご安心ください。食べ物や毎日のスキンケアで、肌ツヤを回復させることは可能なんです。

この記事では、肌ツヤをよくする2つの食べ物と、肌ツヤを回復させる3つのポイントを紹介します。

肌ツヤをよくする食べ物は「とんかつ」と「こんにゃく」

「この差って何ですか?」の番組内では、肌ツヤをよくするおすすめの食べ物として、「とんかつ」「こんにゃく」の2つが紹介されました。

 

「とんかつ」でビタミンB1や油分を摂取

とんかつ

豚肉には、美肌にいいとされるビタミンB1が豊富に含まれています。それに意外や意外、揚げ物であることがおすすめポイント。

肌に水分を閉じ込めるためには、適度な油分が必要です。油分が皮膚の上で薄い膜となって、水分が逃げないようにフタの役割をするためです。

しかし、女性は男性と違い、加齢とともに皮脂分泌量が減少する傾向にあります。適度な油分を補給するためにも「とんかつ」がおすすめだということです。

 

「黒こんにゃく」には保湿成分がたっぷり

黒こんにゃく

黒こんにゃくの原料になる「こんにゃく芋」には、保湿成分セラミドの原料になる「グルコシルセラミド」が豊富に含まれています。

セラミドは、肌の角質層の中で水分を保持している成分です。なんと肌の水分保持の80%を担っているので、保湿には絶大な効果が期待できます。

番組に登場した群馬県のこんにゃく芋農家の女性たちは、毎日こんにゃくを食べているそうで、みんな肌ツヤがよく、年齢より若々しく見えるのが印象的でした。

黒こんにゃくの摂取量は1日1枚が理想です。なかなかレパートリーを増やすのは難しい食材ですが、こんにゃく農家では、こんにゃくカツや、こんにゃく唐揚げにして食べているそうです。

また、白こんにゃくは「こんにゃく粉」が原料であるため、グルコシルセラミドが少なくなります。肌ツヤをよくしたいなら、できるだけ黒こんにゃくを選ぶようにしましょう。

 

おすすめしてくれたのは髙瀬聡子先生

「この差って何ですか?」の放送で、肌ツヤをよくする食べ物を紹介してくれたのは、美人皮膚科医としておなじみの髙瀬聡子先生です。

髙瀬聡子

ウォブクリニック中目黒 髙瀬聡子 総院長

画像引用:ウォブクリニック中目黒HP

 

髙瀬聡子先生といえば、美白化粧品をはじめとするスキンケアブランド「アンプルール」の開発者としても有名な方です。

肌の専門家が推奨している食べ物ですから、効果も期待できそうですね。特に番組内でも時間をかけて紹介していた「こんにゃく」はおすすめのようです。肌ツヤにお悩みの人は積極的に摂取してみましょう。

 

肌ツヤがいい人と悪い人の違いは?

「肌ツヤがいい」とは、肌が光をきれいに反射している状態をいいます。

肌に光があたったときに、きれいに反射するので、肌がツヤツヤに輝いてみえるわけですね。

肌の表面を拡大してみると、皮溝(ひこう)と呼ばれる無数の溝と、皮丘(ひきゅう)という盛り上がりで構成されています。

肌ツヤ 説明画像

画像:earthcare-net.com

 

肌ツヤのいい人は、三角形の皮丘が規則正しく並び、きれいに整っています。

皮丘が整っている

皮丘ひとつひとつが盛り上がり、しっかりと光を反射するので、肌が輝いて見えますし、透明感も生まれます。

 

反対に、肌ツヤが悪い人は、皮丘が大きかったり、場合によっては皮丘が見られない肌状態になっています。

皮丘が乱れている

皮丘が十分に光を反射できないために、肌にツヤがなく、肌色もくすみがちに見えてしまいます。

つまり、肌ツヤの良し悪しは、「皮丘(ひきゅう)がきれいに整っているかどうか」ということです。

画像:karen-niigata.com

 

皮丘が乱れる原因は?

皮丘が乱れる原因はいくつかありますが、特に影響するのが肌の乾燥です。

しっかり保湿された肌状態では、皮丘がふっくらと盛り上がっていますが、肌が乾燥すると皮丘はしぼんでしまいます。

肌が乾燥すると、シワや毛穴が目立ったり、ハリツヤが失われてしまいますが、これは皮丘がしぼむことが大きく影響しています。

肌の乾燥以外では、温度や湿度など環境に影響されるものや、ターンオーバーの乱れ、ストレスなどの内的な要因も考えられます。

 

皮丘を整えるには?肌ツヤを回復させる3つのポイント

ほうれい線

【1】保湿をする

皮丘を整えるために最も大切なのは、肌をしっかり保湿することです。

お風呂上がりや洗顔後、たっぷりの化粧水で保湿してあげましょう。乳液やクリームで油分を補い、肌の乾燥を防ぐこともお忘れなく。

肌に水分が戻ると、皮丘がふっくらと盛り上がり、次第に肌のツヤやハリも戻ってきます。

 

【2】紫外線対策をする

紫外線を浴びると肌が乾燥しやすく、ターンオーバー(新陳代謝)を低下させる原因にもなります。

ターンオーバーが乱れると、肌の生まれ変わりが遅くなったり、古い角質が肌に残るなど、健康的な肌状態を保つことができません。

普段から帽子や日焼け止めクリームなどで、肌を紫外線にさらさないように心掛けましょう。

 

【3】生活習慣を見直す

乱れた生活習慣はそのまま肌に悪影響を及ぼします。健康的な肌をつくるためにも、生活習慣を見直してみましょう。

  • 栄養不足(偏食)
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • ストレス など

バランスのよい食事や適度な運動を心掛けて、肌に悪影響を及ぼす内的要因を、ひとつでも多く減らすように心掛けてください。

 

まとめ

肌ツヤをよくする食べ物として、とんかつ、黒こんにゃくを紹介しました。

特にこんにゃくは、セラミドを摂取する食べ物としては最適です。下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

こんにゃくは価格も安く低カロリーなので、ダイエット中の女性も安心して食べることができますよ。

 

「皮丘」を整えて肌ツヤをよくするためには、保湿がなにより大切です。食事だけでなく、普段のスキンケアにも気をつかうようにしてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの注目記事を受け取ろう

エイジングケア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンチエイジング日記|しわ、たるみなど、年齢肌の悩み解消を応援しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!